交通事故,債務整理・自己破産・民事再生,過払金請求,離婚,相続など,お気軽にご相談ください。

ア 起訴される前の段階  被疑者として身体拘束(逮捕・拘留)を受けている場合には、身体拘束を受けている警察署で被疑者と面会し、事業を聞き、取り調べを受ける際の注意事項などを説明します。 事実関係を争っている事件では、無実を証明する証拠を集め、不起訴処分がなされることを目指して活動します。  事実関係を認めている事件では、被害者との間で示談をすることが必要な場合には、検察官から被害者の連絡先を聞き、被害者と連絡を取って示談の成立を目指します。その他、身元引受人となってくれる人と連絡をとり、被疑者の監督を引き受けてもらうなど被疑者に有利な事情を集め、検察官に伝えます。

イ 起訴された後の段階 身体拘束を受けている場合、警察署や拘置所で被告人と面会して事情を聞いたり、事実関係を調査して被告人に有利な証拠を集め、裁判所に証拠を提出します。 事実関係を争っている事件では無罪判決を、事実関係を認めている事件ではより軽い刑が言い渡されるように活動します。

事件の終結 成果に応じて報酬をいただき、依頼人からお預かりした資料を返却し、事件は終結します。

machine a sous en ligne